TOKYO OPERETTA THEATER   


ソプラノ
里中 トヨコ(さとなか とよこ)里中トヨコ

桐朋学園大学卒業。同大学研究科修了。ミュンヘンにてハンス・ホッター氏のマスタークラス修了。19961998年イタリア・ミラノに留学。多摩フレッシュ音楽コンクール第3位入賞。

 オペラでは、モーツアルト『カイロの鵞鳥』アウレッタ、ヤナーチェク『利口な女狐の物語』女狐ビストロウシカ、プッチーニ『ボエーム』ムゼッタ、メノッティ『電話』『霊媒』ルーシー役、モニカ役、モーツアルト『魔笛』パパゲーナ、童子、『フィガロの結婚』スザンナ、バルバリーナ、オペレッタ『地獄のオルフェ』キューピット、『パリの生活』ポーリーヌなどを演じる。また、初演のオペラ『旅立ちの朝』武将の妻。福井ルネッサンス『白百合の崖』で歌人・山川登美子役を演じた。文化庁芸術文化総合体験事業で2001年より『小さなエントツそうじ屋さん』ソフィー役、2005年より『シューベルトの青春』ハンネル役で毎年全国各地での公演に出演。2006年二期会『フィガロの結婚』(宮本亜門演出)バルバリーナ役、2007年二期会『天国と地獄』(佐藤信演出)キューピット役で出演、絶賛される。

 コンサートではクラシックは勿論、ミュージカルナンバーも積極的に取り入れ歌っている。宗教曲のソリスト、また音楽劇の語り手としても活躍している。

 桐朋学園大学音楽科非常勤講師。桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。二期会会員。東京室内歌劇場会員


TOKYO OPERETTA THEATER